野良ねこファミリーのTNRと保護と里親探しの記録。(たまに家猫のおとぼけ)
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


角のお家
2011-11-16 (水) | 編集 |
10月30日

猫たちを観察してみてわかったのは
どうやら角のお家の裏庭や物置あたりが
巣になっているようだ、という事。

ここは木もいっぱい、トイレに出来る土もいっぱい
物もいっぱいで隠れるところがたくさんで雨もしのげる。
野良猫たちが住むには確かにぴったりの場所だ。

捕獲をするにはここのお家の敷地内に捕獲器を置いてもらうのが一番いい
と思う。


というわけで
どんな人が住んでるのだろう…とドキドキしながら訪問。


ご高齢のおばちゃまとご友人らしき方がいらしてお話を聞く。
なんと、市から1台捕獲器をかりてご自身で捕獲・手術を始めた所だと言う。

・一匹捕獲して手術して今日リリースしたところ
 近所の獣医さんにご主人が自転車で連れて行って手術した(車がないので)
 まだ猫がたくさんいるので捕獲器はそのまま借りている
・猫の頭数などは把握していない
・エサをあげている
・コンビニや他の人のことは知らない


お話を聞いた感じでは
猫はかわいいしかわいそうだからいてもいいのだけど
増えるのは困るから手術に踏み切った
という事みたいだ。

私が一通り説明して
「ご迷惑でなければ協力したい」「一斉捕獲したい」といったら
最初怪訝そうな顔してたけど
「手術したら猫は戻す」「仔猫については里親探す」と説明すると
なんとなくわかったみたいで
一応捕獲器は置いてもらえる方向になった。
ただ、お忙しそうで「もうちょっと先にして欲しい」とのこと。


捕獲器が集まるのはまだ先だし
「またお伺いします」と連絡先を置いてくる。

猫が住処にしてるお家の方がTNRに理解がありそうで
協力してもらえそうでちょっと安心する。



そして1匹リリースしたという仔を写真見なおして確定。
28日に撮ったこの写真では耳はきれいなのに
30日に撮った写真で耳がカットされてる仔を見つけた。




ちなみに耳カットは
TNR(手術)済猫のしるしで、再手術を防ぐ為のものであり、
このこは繁殖できない、誰かにお世話されてる仔です
という意味もある。
オスは右耳・メスは左耳という区別の仕方もあるらしいです。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。