野良ねこファミリーのTNRと保護と里親探しの記録。(たまに家猫のおとぼけ)
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たぬきの赤ちゃん
2013-05-14 (火) | 編集 |
先日……
GWの始めの事だからだいぶ経ってしまいましたが
やっぱり書き留めておこうと思います。






突然娘が
「窓のそとから仔猫の声がする!!」
と言い出して
旦那と娘ふたりで外に出て声のするところを捜索。

2階に居た私は出遅れて外へ。

「なんか側溝に仔猫がいるみたい。
 開けてみる。」



旦那が側溝のブロックを開けたら
黒いとても小さな仔が出てきました。

そうっと抱き上げてとりあえず段ボールを用意していると
かすかにまだ側溝から声がして
「えっもう一匹いるみたいだよ!?」
ともう一枚ブロックを開けて………



こんな仔たちが出てきました。


黒赤ちゃん


黒い赤ちゃん………ねこ???

これ猫じゃないんじゃない?
猫の赤ちゃんてこんななの?

じゃあなに?


私は生まれたての猫の赤ちゃんを見たことあるのだけど
もう随分前のことで記憶もあやふや
生まれたては猫というよりねずみに近いという記憶なのだけど
こんなに顔長かったっけ?
もしかして猫の種類があるのかな?


うちのあたりはわりと自然もあって
ハクビシンや狸もよく見かけます。

見かけからハクビシンを疑って画像を検索してみたら
よく似てるのだけど手が違う。






この仔達をどうするか。

可能性としては
母親が一時的に居なくなってまた戻ってくるかもしれない…
もしかしたら赤ちゃんを咥えて一匹ずつ移動してる最中かもしれない…
何かの事情で母親に置いていかれたのかもしれない…

どちらにしてもこんな小さな赤ちゃんが健康に育つためには
まだ母親と一緒にいて母乳をもらったほうがいい。


そしてちょっと問題が………

(すみません。ちょっと痛々しい画像が入ります(>_<)











後から救出した赤ちゃんは前足に怪我をしていました。











黒赤ちゃんの怪我

黒赤ちゃん



右前足

多分何かに挟まっていたのを母親が無理やり引っ張ったか…
皮がめくれて骨も折れているかも…







どうしたらいいのか
とても悩みました。

猫なら保護して獣医さんにすぐ連れて行ってもいいのだけど
猫じゃないかもしれないし。
この仔の前足どうなるの?


泣き叫んでいた赤ちゃん達はホカロンで保温してあげたら
泣き止んで落ち着いてくれました。



もしも野生動物なら母親とはぐれない方がいい、と思い
保温したままで軽く布にくるんで
元の場所に戻す事にしました。




黒赤ちゃん
黒赤ちゃん




お母さんが帰ってきてこの仔たちを連れていってくれますように。




でも、もしも明日になっても赤ちゃんたちが残されていたら
その時は近所の野生動物保護に力をいれてる獣医さんに連れて行こう。





その後調べたら
どうやら狸の赤ちゃんのようだという事がわかりました。
そっくりの画像が出てきた。

すごく納得。
狸すごくよくみるから。
うちの外猫さん用に置いてる猫のご飯を食べに来てるのを見たこともある。
その狸さん、皮膚病でハゲてて、狸だって最初わからなかった。





夜の間に母親が帰ってくるかもしれないから
側溝に近づかないように
ただ見守りました。
窓を開けて耳を澄ますと、時折ちいさな鳴き声が
夜中まで聞こえていて
祈る気持ちでいました。




翌朝、明るくなった午前中に
恐る恐る近づいてみたら気配がなくて
でももしも母親がいたらびっくりさせてしまうからと思い
まずはブロックの蓋の上から足でトントンしてから

意を決して蓋をあけてみました。



赤ちゃんたちの姿はなくなっていました。











置き去りにされた赤ちゃん達が息絶えていたら、とか
怪我した仔だけ置いていかれてたら、とか
私が触ったせいで見捨てられたら、とか
最悪の結果にならなくてよかった。


この先
あの怪我した仔が生きていくのは
正直なかなか難しいのではないかと思います。


だけど
心配だけど
母親といるのが一番のしあわせだと思うことにします。










もしもまたあの親子に会えたら

成長した狸の子たちにもしも会えたら




うれしくてきっと泣くと思います。
















あの仔たちが大きくなれるように祈ってます。












いつもありがとうございます(・v・)♪

スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/04/21(火) 17:18:19 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。