野良ねこファミリーのTNRと保護と里親探しの記録。(たまに家猫のおとぼけ)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最高のプレゼント
2011-12-25 (日) | 編集 |
ええと、なにからどう話せばいいのやら・・・・



昨日、血液検査の結果がでました。


まず獣医師の先生が出した結論から言うと




「FIPではないと思います」



ハルナツ

「!!!!??????」


え・・・・・・・(目が点)
FIPじゃ、ない・・・・・!?



ハルナツ

「キャッホーーーッッ」



血液検査の結果


コロナウィルスの数値を見ると
ハルについてはほぼ白に近いグレー
ナツにいたっては白で
仔猫たちの元気な様子をみてもFIPを疑う要素は無いと診断されました。

じゃあなんでそんなにFIPだと思い込んで治療していたのかという
疑問がわきますよね。


今までのFIP診断の経緯をお話すると

実はFIPだと診断をしたのは前の病院です。
ハルのお腹の大きさをみてエコーとレントゲンを撮って
FIPの可能性が高いと言われました。
念のためナツもレントゲン撮ったところ
少しではあるけれどやはり腹水がみられるから
兄弟とも母親からの感染が考えられると診断されました。
そして「長く生きられないかも」と・・・。

だけどそう診断したけれど
治療については特別な事はしてくれなくて
検査も小さいからまだ出来ないといわれ
ただ抗生剤と整腸剤を処方してくれて「様子みてください」
「感染するので他の猫とは隔離してください」
それだけでした。

FIPの猫の経験もたくさんある浦和キャッツのMさんにすぐ相談したところ
仔猫たちにも感染の可能性のある家猫たちにも
すぐインターフェロンをしたほうがいい、という事だったので
その獣医さんに電話で相談しました。

ですが
「まだ症状が他に出ていないからインターフェロンの必要はない」
と言われてしまいました。
別の病院(前にもお世話になった事のあるちょっと遠いところ)に相談したところ
インターフェロン治療をしてくれると言って貰えて
次の日から通い始めました。

今の病院です。

今の病院では毎回エコーと注射
FIPが治る可能性にかけていました。
でも、エコーでは、実はナツにはずっと腹水はみられなかったんです。
そしてハルの腹水を採ってみても、どうもFIPのそれと違う・・・
さらに、日にちが経っても仔猫たちに他の症状が一切出ない・・・

血液検査は、前の日記にも書いたとおり
それだけでは白黒はっきりわかるものではありません。
だけど、違うなら今の治療を続ける必要はないし
特にナツには必要ないかもしれないし
他の病気なら治療法を変えたほうがいい
という事で今後の為に血液検査を薦められました。


その結果、FIPではないだろうとわかりました。

血液検査とあわせて
再度、ハルの腹水を採ってもらいました。
内容物は尿でした。


ハル


ハルは「腎周囲偽のう胞」という珍しい症状の病気と診断。


原因は不明のまだよく解明されていない病気だそうです。
でも、感染の危険も命の危険もない病気です。
だだ、腹水がたまるので定期的に水を抜いてもらう事が必要かもしれません。

ハルの病気はこれから
腹水のたまるペースや体調をみながら
どう治療していくか考える事になると思います。


ナツ


ナツは・・・・・なんにもなしです。





もうなんか
もうなんか

嘘みたいです・・・・・(;○;)


なのでやーーっとワクチン打てました。

家猫たちとの合流は、体調をみて少しずつしていこうと思います。
・・・・ていうか、体調いいんですけどね。




心配してくださったみなさん
応援してくださったみなさん
本当にありがとうございました。


空からも守ってくれたかもしれない。



KAZUさんと、もうひとり・・・・・。



クリスマス


実は
ハルナツがFIPと診断されたちょうどその日の夜
我が家に訃報が入りました。

父が急逝しました。
心筋梗塞でした。

正直、父はすごい大往生なので
意外にきもちはしっかりしてます。
いろいろ思い出すと淋しいですが…


ただ、そんなこんなで精神的にも落ち着かず
やっぱり明るい気持ちにはなれず
今年のクリスマスは浮かれた気持ちにまったくなれなかったんですが




ほんとうに最高のプレゼントを貰いました。

サンタさんにもありがとう。

たくさんの奇跡を。




・゜゚・*。✧.*・ メリークリスマス・✧゚・*`。.*・✧







スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
まさに最高のプレゼントですね!

よかった、本当によかった。

ハルちゃんのことは心配ですが、
ナツちゃんとともにずっと元気で、
長生きしてくれると信じ、祈って
ます。

お父様のご冥福をお祈り致します。
2011/12/25(日) 10:13:48 | URL | favabean #szTeXD76[ 編集]
本当良かったです
りんさま、お父様のご逝去、お力をお落としのことと存じますが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

そんな中の嬉しいお報せでしたね。
診断に一喜一憂されていたであろう事、共感致します。
諦めない力でりんさま、KAZUさま、お父様の手繰り寄せた結果なのでしょうね。
ただ、今日の記事の最初のツーショット写真を拝見し、ハルナツちゃんの「きょとんっ」とした姿に心なごみました。
ぼくたちの事で何か?のような顔つき・・・

あ--良かったです。









2011/12/25(日) 10:37:42 | URL | fuyu #-[ 編集]
最高に嬉しい報告ありがとうございます!何の関係もない私ですが嬉しくて涙が出ました!
ハルナツ君良かった!本当に良かった!
2011/12/25(日) 10:54:30 | URL | チビタン #-[ 編集]
良かったー♪
ホントにもうこの一言につきますね~^^バンザーイ!!!

それにしても最初に見てもらった病院ひどすぎませんか!
一言文句を言ってやりたくなっちゃいます(>_<)

なにわともあれこれで良い年を迎えられそうで安心ですね=3
2にゃんがFIPと診断されたままじゃ年も越せられないですよね。

ハル・ナツ君がやっと大好きなチカお兄ちゃんと逢えると思うと嬉しくてたまりません!!!!
ぜひまた家猫ちゃん達も一緒に画像アップさせて下さい!

倫さんのブログの更新ホントに楽しみにしてます♪

最後になりましたがお父様のご冥福をお祈り致します。
2011/12/25(日) 14:01:24 | URL | ぷーちゃん #9yR0sVNc[ 編集]
\(=ToT=)/
ハルナツ君
FIPの疑いが晴れて良かった!!!!!

りん先生
お父様の
ご冥福をお祈りします

心身ともに休める年末年始で
ありますように。
(むりかなー(-_-=;))
2011/12/26(月) 14:30:49 | URL | 味玉子 #-[ 編集]
(´;ω;`)ウッ…
知らないうちに色々あったのね。
でも、ほんとにビックリな結果!!
いいビックリだからよかったけど。

お父様のことは残念だったね…
ご冥福をお祈りいたします。

来年は、沢山の笑顔に溢れる年になりますように…
みんながニコニコ過ごせますように…
2011/12/27(火) 21:52:38 | URL | 明日茶 #sSHoJftA[ 編集]
みなさま
ありがとうございます。
本当に本当によかった~~~!

ハルの方はまだいろいろ検査やケアが必要ですが
すぐに命に関わるような病気ではないので
のんびりまっすぐ向き合っていこうと思います。

新たな気持ちで
今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^-^)ノ
2012/01/01(日) 01:56:11 | URL | りん #8W8GAba2[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。